« ガンとは何か(その3) ”せいもく”のつぶやき(7) | トップページ | ”小麦は食べるな!” (せいもくのつぶやき8) »

2013年12月10日 (火)

食と健康の集い(千葉ゲルソンランチの会)(13.12.7)開催報告

平成25年12月7日(土)に酒向猛医師のご指導による食と健康の集い(千葉ゲルソンランチの会)を開催しました。
食と健康の集いは、京橋区民館(東京都中央区)における勉強会とレストラン・カムー(千葉県松戸市)におけるゲルソンランチの会の二本立てです。矢澤さんが主宰されているつくば市のゲルソンランチの会の補完的な会ですので、千葉ゲルソンランチの会と通称しております。酒向先生は、別の会合の最中に抜け出してご参加いただきご指導いただきました。いつもながら感謝申し上げます。


まずは、千葉ゲルソンランチの会用の特製メニューを紹介します。
会場のレストラン・カムーは、オーナーシェフの伊藤さんがオーガニックにこだわった食材で提供されています。調味料、飲み物等すべてオーガニックということです。自然農法のカムー菜園もご家族で運営されています。ゲルソンランチの会の会場とさせていただいたことで、ゲルソン食のレシピも勉強を始めたとのことでした。ゲルソン食をご希望の方は、利用日の2・3日前までに予約をしてくださいとのことでした。1名様からでも対応しますとのことです。
レストラン・カムーさんのHP

Pc070012

◎ 中央ランチプレート(上から時計回りに)
   ・水菜 レタス 人参 玉ねぎの12年熟成バルサミコドレッシング
   ・カムー菜園自然農法紅はるかとデーツのマッシュサラダ
   ・キャベツとカムー菜園自然農法小かぶの中東風stir-fly
   ・とうもろこしペンネ トマトソース
   ・オートミールとブラックカランツのスコーン
   ・ビーツとオニオンのバルサミコマリネ
◎ 中央左
   ・玄米粉ベシャメルソースのドリア カムー自然米使用
◎ 右上
   ・カムー菜園自然農法インゲンスープ
◎ 左上
   ・りんご 人参 ジュース


会の内容については、参加者の米田さん(我孫子市)の報告がありますので引用します。

****
前回と同じく千葉県松戸市のオーガニック・カムーにて酒向先生と主催者の青木さん、司会の吉本さんに、参加者7名をくわえて、全部で10名のこじんまりとした人数で、前回と同じく、各自の報告と先生のお話を伺った後、質疑応答がありました。
7名の内、女性5名、男性2名です。個人名と症状についてはプライバシーもありますから、割愛します。お住まいは東京、埼玉、千葉、茨城県の各地からです。

酒向先生からはゲルソン療法でも認められている欧米では一般的なホメオパシーの日本での現状の説明がされました。吉本さんからは(ホメオパシーを)実験的に試していて、体の機能を整えて免疫が高まることが期待されるのではないかとの話がありました。

また、主治医から勧められた療法を断ることについて、一般的にはためらいがちですが、自分の体は自分で守ることが一番大事ですし、強く言えば医師としても、患者さんがいうことを無視はできないとのこと、ふだんから主治医とやわらかい話題で意思の疎通を図っていくのも1つの手法というような話題もありました。

最後に糖質制限のがんへの是非、影響、と厳密にゲルソン療法をするとタンパク質不足になりがちなので、たまごの摂取の是非について議論がありましたが、酒向先生がもう少し詳しいところを宿題にして次回に持ち越しました。

以上

« ガンとは何か(その3) ”せいもく”のつぶやき(7) | トップページ | ”小麦は食べるな!” (せいもくのつぶやき8) »

食と健康の集い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ガンとは何か(その3) ”せいもく”のつぶやき(7) | トップページ | ”小麦は食べるな!” (せいもくのつぶやき8) »